歴史年代ゴロ合わせ暗記  

歴史年代ゴロ合わせ暗記歴史の真実サンタクロースにはモデルになった人物がいた! 

   

サンタクロースにはモデルになった人物がいた! 


 クリスマスといえばサンタクロースを思い浮かべる人は多いでしょう。でも、なぜキリストが生まれたとされる12月25日にサンタクロースが子供たちにプレゼントを配るようになったのでしょう?

 サンタクロースには、モデルとなった人物がおりました。4世紀、司教をしていた
セント・ニコラスという人です。

 あるとき、セント・ニコラスは町に貧しくて3人の娘たちをお嫁に出せないという人がいることを知ります。心優しい、セント・ニコラスは夜中に頭巾とマント姿で名を告げることもなく、窓から金貨の袋を投げ入れてあげました。その金貨の袋は偶然、暖炉の側に吊るしてある靴下に入ったそうです。

 その後、セント・ニコラスはキリスト教の重要な人物の1人となり342年12月6日になくなります。

 時は過ぎ、12世紀のフランス。偉大な彼、セント・ニコラスの亡くなった日の前日にあたる12月5日に修道女たちが夜中にこっそり、貧しい人々の家に食べ物などを送る風習がでてきます。この風習が世界中に広まると、やがて12月5日ではなく、クリスマスの日に贈り物を贈るように変わっていったのです。

 貧しい家に金貨を送ったセント・ニコラス。その時の彼の姿が頭巾をマントをしていたことから、みなさんの知るサンタクロースの姿ができ、その金貨が偶然、暖炉側に吊るしてあった靴下に入ったことからプレゼントを靴下の中に入れるようになったのですね。

 また、セント・ニコラスという名前。彼のこの名前がなまり、セントニコラス→サンタクロースとなりました。

 サンタさんの衣装やプレゼントを入れる靴下にもちゃんとした理由があるのですね。

 セント・ニコラスさんの名前は日本では、それほど有名ではありませんが、その優しき行いは今も受け継がれているのです。

キリストが生まれたのは西暦1年でも12月25日でもない!

聖書って何が書かれているの?