歴史年代ゴロ合わせ暗記  

歴史年代ゴロ合わせ暗記松平定信による寛政の改革

   

寛政の改革

  寛政の改革(かんせいのかいかく)とは、1787年〜1793年に松平定信(まつだいら さだのぶ)によって行われた改革のことです。

 では、その寛政の改革について少し詳しく見ていきましょう。

 田沼意次(たぬま おきつぐ)に代わり政権の座についたのは、8代将軍 吉宗(よしむね)の孫である松平定信でした。この松平定信が行った改革は吉宗による享保の改革を理想としたもので、非常に堅苦しいものだったと言われています。

 その政策の内容をみますと、まずは1788年。農民が江戸に出稼ぎに行くのを制限したり、1790年には都市に出ていって定職についていない農民に農機具代まで援助し農村に返させます(
帰農令・きのうれい)。また、同年には囲米(かこいまい)の制度を開始。大名達に米は使い切らずに備蓄しておくように命令を出します。
 
(出典元:ウィキペディア 松平定信)

 当時は、田沼意次時代の重商主義政策(商業を重んじる考え)の結果、農村から都市へと大量に人が流出してしまったり、
天明の大飢饉(1782年〜1788年)によって農村は荒れ始めていました。その農村を正常に戻し、収穫を上げると共に、再び起こるかもしれない飢饉に備えた訳です。

 次に、
棄捐令(きえんれい)といって借金に苦しむ旗本などの為、1784年以前の借金は帳消し、1785年以降の借金は利子を下げるように命じました。

 また、
寛政異学の禁(かんせいいがくのきん)といい朱子学以外の学問を禁止します。朱子学は身分の高い人へは絶対服従を唱えていたので幕府にとって都合がよかったようです。

 これらの政策は当時の人々にとっては堅苦しいと感じられていたようで、
「白河の清きに魚も住みかねて 元の濁りの田沼恋しき」と詠まれた短歌が残っています。白河とは白河藩主だった松平定信のこと、田沼とは田沼意次のことのようで、松平の政治は非常にクリーンでまじめだけど、賄賂などで濁っていた田沼の時代のほうがよっぽど生活しやすかったなぁ。というのをすごく遠まわしに詠んだ短歌のようです。

 この短歌でわかるように支持率は低かったようで、松平定信は僅か6年で失脚。寛政の改革は失敗に終わります。


 寛政の改革をさらに詳しく

囲米

棄捐令

寛政異学の禁

松平定信は田沼意次を恨んでいた?

大御所政治(大御所時代)