歴史年代ゴロ合わせ暗記  

歴史年代ゴロ合わせ暗記歴史の真実>日本人の肉食
   

昔の人は肉をほとんど食べなかった!

  


 

 日本にて牛肉を食べる習慣が始まったのは明治の初頭。それ以前の日本では、猪や鹿の肉以外はほとんど口にしなかったといいます。

 これは、海に囲まれた日本が動物性たんぱく質を魚介類でほとんどまかなえた為、危険を犯す動物の狩猟おり安全な魚介類の採取にたよる傾向にあった為とまた仏教の影響も強いようです。

 日本では、古来、家畜の習慣がなく狩猟で得た肉はよいが、家畜を殺して食べるという行為には嫌悪感があったようです。ちなみに聖武天皇の時代には家畜を殺すことを禁止しています。

 また、7世紀後半の天武天皇の頃には、犬、猿、牛、馬、にわとりの肉を食べることが禁止されたりしています。

 日本人の獣肉の消費量が魚肉を上回るのは第二次世界大戦後の高度成長期以降からです。我々、日本人が肉を食べ始めたのって、ほんと最近からなんですねぇ。