歴史年代ゴロ合わせ暗記  

歴史年代ゴロ合わせ暗記歴史の真実アメリカ大陸を始めて発見したのはコロンブスではない! 

   

アメリカ大陸を始めて発見したのはコロンブスではない! 

  
 1492年。コロンブスがアメリカ大陸発見は有名な話であり、学校でも習います。しかし、コロンブスが始めてアメリカ大陸を発見した訳ではありません

 さかのぼること、500年前。西暦1000年といわれています。ヨーロッパ人の
レイフ・エリクソンという人が仲間と共にアメリカ大陸に到着しています。

 彼らは、ブドウが実り、川にサケが泳ぐ豊かな土地を発見し(アメリカ大陸の北東部、ニューファンドランド島辺りと思われる)、そこで越冬したと言われています。翌年、レイフらは帰国し、その後アイスランドの人の北アメリカへの殖民が始まりました。

 現在までに、エリクソンらが残していった糸車、鍛冶屋の跡なども発見されており、国際歴史公園として世界遺産に認定されております。

 しかしながら、アイルランド人の北アメリカへの移住は結局のところ失敗に終わり、現在では、このレイフ・エリクソンのアメリカ大陸発見よりも歴史的に重要な意味を持つ(ヨーロッパ諸国のアメリカ進出のきっかけとなった)コロンブスのアメリカ大陸発見を重要視し学校などでは教えているのです。

 ただし、コロンブスが
始めてアメリカ大陸を発見したとは教えていないはず・・・。

 レイフ・エリクソンの名は、教科書に注釈ですら出てきませんので、ヨーロッパ人で始めてアメリカ大陸を発見したのはコロンブスだと思われがちですが、実はその500年も前にすでに大陸に到着していた人物がいたのです。